• カトリック大阪大司教区 社会活動センター

シナピスとは / About SINAPIS

シナピスとはラテン語で「からし種」という意味です。からし種はとても小さいのですが、成長すると大きく育ち葉を茂らせます。シナピスは、福音を土台に、イエス・キリストの生き方に倣う大阪教区社会福音化部門の事務局として、その働きをサポートし推進しています。そして、大阪教区の各地区の社会活動委員会と連携し、人権の尊重と正義に基づく平和な世界の実現をめざして、ともに学びながら啓発と実践に取り組んでいます。

センター長あいさつ

沿革

Sinapis is a social activity department of Central Christian Church in Osaka. Sinapis means “mustard seed” in Latin. The mustard seed is very small, but when it grows, it becomes large and leafy. Following the way of life of Jesus Christ, Sinapis aims to achieve peace based on human rights and justice, and to work for awareness and practice while cherishing life.

Greeting from

Histry